新たに

皆さん今晩は!すたいる代表の村谷です。


先々月、先月と新人介護スタッフが入り<すたいる>も賑やかな雰囲気になってきていますヽ(^o^)丿


そして今日、メドマー(空気圧によるマッサージ器)と自転車こぎ運動をしながら手の運動も同時に行えるNEWマシンが入りました!!あと、足湯も一つ増えました~!!


マシンの方は上肢を動かすには最適なマシンだと思うので、今まで出来る運動が少なかった利用者様にもこれで対応ができると思うので楽しみです。


すたいるの向かい(写真)には来春、郵便局ができるのでそれも楽しみです!!


交通事故 スポーツ傷害 肩・腰・膝の痛み 整体は大雪通り整骨院へ 









コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    これでいいのだ★  利用者z (水曜日, 07 10月 2015 20:47)

    連日、日本人ノーベル賞受賞のTVニュースを見ていたら
    天才バカボンのパパの愛唱歌が鶴田浩二の「傷だらけの人生」であったことを思い出しました。( ;∀;)
    「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを
    欲しがるもんでございます。どこに新しいものがございま
    しょう。今の世の中、右も左も
    真っ暗闇じゃござんせんか

    右を向いても 左を見ても
    馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合い
    どこに男の 夢がある・・・・・」(´・ω・`)
      
    赤塚不二夫は言っています。
    ★『天才バカボン』を描き出した時にもまず思った。
    バカに真実を語らせようと。
    そこからバカボンが生まれ、
    バカボンのパパが生まれたんだ。
    また、こうも言っています。
    ★バカっていうのは自分がハダカになることだ。
    世の中の常識を無視して、
    純粋な自分だけのものの見方や生き方を
    押し通すことなんだよ。
    バカだからこそ語れる真実っていっぱいあるんだ。と
      
    まるでノーベル受賞者のコメントとみたいだなと思いました。
     
    アルフレッド・ノーベルは、実はバカボンのパパだったのかもしれません。()`◉´()